子供への英語教育はいつからがいい?

f:id:rikei_bunseki:20201221165555p:plain

英語教育は早いうちからがいいって聞くけど、実際はどうなの

なんてことありませんか?

 

英語を習わすのは早いうちが1番いいという意見もあれば早いうちに習うと日本語の発達が遅れるという意見もあります。

 

実際にはどうなのでしょうか?

 

早いうちからの英語教育

結論から言うと、英語を早いうちから習わせたからといっても、努力なしで上達するわけではないのです。

 

早いうちから習わせたとしても、やっぱり個人の覚える速度が関係してくるので、努力も必要になってくるでしょう。

 

もしも英語を習わせれば無条件で上達すると思ってるなら、そういうことではないということを頭に置いておくといいでしょう。

 

早いうちに習わせるメリット

しかし、早いうちから学ぶとその努力のハードルが低くなるのでメリットもあるのです。

 

ある研究では、英語に触れる期間の長さと英語環境の豊かさが英語の習得スピードに関わる大きな要素だという事が分かってます。

 

つまり、早いうちに豊かな環境で英語を学ばせると習得スピードが早いのです。

 

豊かな環境で英語を学ばせるということはどういうことかと言うと、英語に触れる機会を増やしたりする事です。

 

具体的に言うと、豊かな環境で英語を学ばせるにはネイティブな英語の発音に慣れさせたり、楽しんで英語を学べる環境を作るということです。

 

楽しんで英語を学ばせるには「りすぴこ」 などの教材を試してみるといいかもしれません。


 

こんな風に一概に言えないですけど、個人的意見としては早いうちに学ばせることをおすすめします。